fusione Creative Engineering & Tortal Design farm

ノボリの脳書き

工業デザイン インダストリアルデザイン 製品開発 プロダクトデザイン 企業支援

デザインとエンジニアリングを並行してすすめるクリエイティブエンジニアリング手法を用い、製品開発プロジェクト参画等のサービスを展開しています。

汚れつちまつた悲しみに・・・・・・

汚れつちまつた悲しみに・・・・・・

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の皮裘(かはころも)
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる

汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
懈怠(けたい)のうちに死を夢む

汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気(おぢけ)づき
汚れつちまつた悲しみに
なすところなく日は暮れる・・・・・・

中原中也

 

皆さん、こんばんは。

札幌もようやくサクラがポチポチ咲き始めてきましたね~

これでGWの円山公園は「酔っぱらいの天国」となりそうです。

2009OoDouriParkCherry

さてと。。今日は「文学爺さん」と扮してみました。

「宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海」で、古代進の兄、守が好んで読んでいた中原中也詩集。。。

2013052905323067cs

その中の「汚れつちまつた悲しみに。。。」という詩を冒頭に書きました。

短い詩の中に「汚れつちまつた悲しみ」という言葉が8回もリフレインされています。

松任谷由美の「リフレインが叫んでいる」の「どうして?どうして?」よりも多いかも。。

82817616

そんなことはどうでもよく。。汗

純粋な気持ちや志が、当時の欧米式近代化を急ぎすぎる、当時の唯物社会を覆う得体の知れない不安感により、維持できなくなったのでは?と感じます。

この詩を読んでいると中原中也が街を歩きながら「日本ってこれでいいのか?人々の変わりようはなんだ?」と不安を抱き、「悲しい」感情でいたことが想像されます。

しかし「悲しみ」から逃避するのではなく、それを受け止め「悲しみ続ける結末」を想像し成長しようという感情も詩の最後のほうで表現している。

 

この詩は昭和5年(1930年)に発表されたもの。。。

今の時代にとても似ていると思いませんか?今の人間が置かれている事情に似ていると思いませんか?

ねーーー。

僕も「純粋で正直でまじめ」に生きていきたいが、今の時代、そうもいかない。

「純粋で正直でまじめ」に生きれないことを、今の時代「かけひき」「成功」という言葉で

「純粋で正直でまじめ」に生きていると解釈させようとする。

人同士の付き合いも、表向きな教育で操作しようとしている社会。。

建前社会ともいうべきだろうか。。。

俺もすっかり汚れちまった。。みな、認め合い助け合って生きていけば。。と思う

「汚れつちまつた悲しみに、今日も仕事がふりかかる

汚れつちまつた悲しみは、明日のチャンスを与えられん

汚れつちまつた悲しみに、軽い感情ふりかかる

汚れつちまつた悲しみは、いつか喜び分かち合い」

 

登 宙返(のぼり ちゅうがえり)(笑)

IMG_2392