fusione Creative Engineering & Tortal Design farm

ノボリの脳書き

工業デザイン インダストリアルデザイン 製品開発 プロダクトデザイン 企業支援

デザインとエンジニアリングを並行してすすめるクリエイティブエンジニアリング手法を用い、製品開発プロジェクト参画等のサービスを展開しています。

本当の「車」づくりとは。。

本当の「車」づくりとは。。

皆さんこんばんは!

なんと、ずーっとブログをサボっており、スタッフ「まるま」がどんどん投稿しはじめ、そのうち「ノボリの活かし方、つぶし方」など書かれた日にはたまらないので、またマメにBlog UPしようと思います。(笑)

さて、札幌モーターショー2016に北海道発(初)EVが皆さんの前でお披露目させていただき、たくさんの方々にご来場いただきました。

IMG_3663

(評判詳細はまるまのブログで。。)

そして、札幌モーターショー後すぐに、超大手自動車メーカー主催の展示商談会へ出展のため、Neicleを愛知県まで移送しました。

僕は、自動車メーカーの難しい人間関係があるので行きませんでしたが。汗

そこで、超大手メーカーや軽自動車最大手メーカーの目に留まり、酷評どころかその逆で大変高い評価をいただきたのです。

(展示会は撮影禁止だったため、写真はありません)

1-B-YSK162

さて、このプロジェクト。。。ここからが脳書きです。

Neicleはまだ第一フェース開発の途中です。

コンセプトやデザインは評価されたと思っていますが、特にコンセプトに沿った技術開発に山ほど課題を抱えています。

しかし、期待市場(ウォンツ)を獲得したNeicleが既存市場(ニーズ)になるためには、商品化が必要です。

自動車の場合、商品化と言ってもそう簡単ではありません。

商品化するということは、それを製造、販売する「法人格」が必須です。

現在は、地域行政さんがコーディネートされた「企業連携体」ですが、それでは自動車を販売することができない。

本当の車づくりというのは、「信用」が得られなければなりません。

その「信用」を「法人格」で整備し、どう「連携体」を機能させるか?

今後の大きな課題になるでしょう。

また、展示会の際に超大手メーカーから「コスト」の問題を掲げられたようですが、大手は「安く」売らなければ成立しない社内事情や世間認識があるので、コストを意識しますが、我々ベンチャー系では「高く」売ることが可能なのですよ。。

そんな話を実は㋁14日(日)朝6時25分~「北の開拓者たち」(UHB)で熱く語っています

このプロジェクトを発案し、企業連携体を組織化することに努力された

地域行政の熱意や、連携体企業の車づくり、さらにはファシオネのデザイン感を「醤油瓶」だけで語るなど、30分番組ではありますが放映されます。

早起きの方はぜひご覧になってください。

北海道EVチームシャツに黒の水玉スカーフを巻いて熱く冷静に語らせていただきました。

アルファ(ロメオ)の件は触れるな!って言ったのに、キャスターが触れてしまいました。でもそういう事実があったからこそ、車づくりが可能だったと思っています。

(アルファロメオの件は、自慢しているような感じで嫌なので、最近触れないようにしていたのに。。。)

では次回もよろしくです。

のぼり