fusione Creative Engineering & Tortal Design farm

「そもそも論」でシンプルクリエイト!

デザインの戯言


デザインを認識してもらうには、誰かがデザイン

を説明しない限り、一般認識のデザイン…

色や形として捉える人が多いだろう。

そこで、注目はデザインを説明できるデザイナーの

戯言…

今の時代、積極的にデザインを啓蒙したい強い思いの人が

書籍やセミナーを通じて伝えている。

さて、ここまでは僕も同じ。

しかし、何かがおかしい。

デザインを伝えるべき「デザイナー」自身が

本当に「デザイン」が好きなのか?

ってことだ。

仕事の手段として、これから重要なデザイン

ではあるが…

デザインはデザインが心底好きな、命をかけられるくらい

人でないとなかなかできないものだ。

と思うが…

僕の周りには両方の人がいる。

デザインに出会い心底好きな人と、デザインしている人のそばにいて

デザイナーぶっている人。

自分は、どっちだろうか?

デザインが好きな人は、写真のデザインは誰が

デザインし、どういう思いで作られたのか?

勉強して覚えている。

また、今の時代にすり合わせてみる。

反面、デザインを好きではなくビジネスの手段

として、考えている人は何一つ

このデザインは語れないだろう。


image