fusione Creative Engineering & Tortal Design farm

ノボリの脳書き

工業デザイン インダストリアルデザイン 製品開発 プロダクトデザイン 企業支援

デザインとエンジニアリングを並行してすすめるクリエイティブエンジニアリング手法を用い、製品開発プロジェクト参画等のサービスを展開しています。

一か月が経ちました。。

一か月が経ちました。。

みなさん、こんにちは。

埼玉県草加市に事務所を移転して、もう1か月が経ちました。

引っ越し、内装、インテリアなどの準備でバタバタ。。。仕事も遅れ気味で、これから追い込みです。

思えば、独立後事務所を何度移転したのかな??と思い起こしてみたら。。。。

最初は、友達の家の離れをお借りしたな。。札幌の円山公園脇の緑多い好環境。。おしゃれな地域です。

リベラル教会の裏手でした。

それで、次は円山西町という場所。円山公園から山に登って行った住宅街のマンションの1室でした。

そこにはおいしいカレー屋さん、「クロック」というお店がありました。毎日カレー漬けになっていました。

ここまでは、所謂「個人事業主」でした。最初の商号は「想工作舎」。。今見るとかっこいいね。想いを工作する。。

で、一度家で仕事するようになりちゃくちゃくと「法人化」を目指し「Tomo Nobori Design」なんて著名デザイナーが自分の名前を使う手を真似ました。(笑)ここで「有限会社」にしました。

さぁ、事務所ということで当時一緒に仕事することが多かったグラフィックデザイナーと事務所をシェアすることになり、またまた札幌ではおしゃれ的な西18丁目に。。今度は「オフィスビル」。超立派なビルでした。

このビルにいたとき、いろいろな仕事が舞い込んできて、大手さんからの仕事も増え始めてきましたし、地元大手プロダクションタレントのステージデザインや美術館のデザイン監修、イベント企画、監修など手掛けさせていただきました。シェアしていたデザイナーが地元で強い方だったので、幸運でした。

で、少し景気も良くなったことで、staff増員を実行し、大通り(札幌の中心街)にあるテナントビルに移り、なんとstaff8名、55坪のテナントでした。

このビルに移ったと同時に株式会社化し、名称を現在の「ファシオネ」に商号変更しました。

このテナントでこの後、さまざまな事件が起き、大変な借金を抱えてしまうことになりました。会社が倒産の危機でした。

で、こんな状態になってしまって何とか2年は居ましたが、家賃など支払えず、出ることに。。

で、札幌で最後のテナントとなった「岩佐ビル」に移ることに。。

古いビルですがとても天井が高くてレトロなビル。デザイナー関係が多いビルでしたね。。

事務所を移転するときって、何か「事業者人生を変える出来事」が起きているのでしょうか・・

僕は今まで、その「出来事」に敏感に反応し場所を変えてきたような気がします。

埼玉のこの事務所はたぶん、「終着点」のような気がしています。

ここには「理想的な」ものが潜んでいる感じがするのです。

将来的にstaffを増員しなければならない時もたぶん、「各地域」にパートナー社員を増やし

テナントも各地域に小さな事務所を置く感じになるのでは?と思っています。

さて、この埼玉で何が起きるのか?楽しみです!!